Support Your Sustainability あなたの”安定”・循環・継続”をサポートする

TOP >早分かり炭酸ガス >ドライアイスの安全性

ドライアイスを安全に取扱うために

ドライアイスを取扱うときは、以下のことに気をつける必要があります。

直接手で触れたり、口に入れない!!

直接手で触れたり、口に入れない!!

凍傷を起こす恐れがありますから、取り扱いには手袋を使用してください。

ペットボトルやビンなどの容器に入れて密封しない!!

ビンなどの容器に入れて密閉しない!!

ドライアイスは気体になると750倍にもなりますから、ペットボトルやビンなどの容器に入れて蓋をすると、破裂することがあります。危険ですので絶対に行わないでください。

運搬するときは、

運搬するときは、

ワゴン車タイプではなく運転席と荷台の分かれている車両をご利用ください。

換気を十分に!

換気を十分に!

密閉された室内で多量のドライアイスを使用する場合には、酸素不足に陥らないよう換気を充分に行ってください。

参考: 

※ドライアイスを含む当社製品の安全性については、製品安全シート(SDS)にて、より詳しく述べております。必要な方はダウンロードしてご利用ください。

pdf 化学物質等安全データシート(PDF;199KB)

pdf 液化炭酸ガス製品安全データシート(PDF;239KB)

pdf ミラクロール製品安全データシート(PDF;194KB)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe®Reader®日本語版(無料)が必要になります。左のボタンからアドビシステムズ社のサイトにアクセスし、ダウンロードしてご利用ください。