Support Your Sustainability あなたの”安定”・循環・継続”をサポートする

TOP >会社案内 >沿革・業績

沿革・業績

沿革

1971年7月 三井東圧化学株式会社と米国リキッドカーボニック社の折半投資により三井東圧リキッドカーボニック株式会社設立。
1996年1月 米国プラックスエア社が米国リキッドカーボニック社を買収。
1997年10月 三井石油化学工業株式会社と三井東圧化学株式会社が合併し、三井化学株式会社となる。
1998年4月 三井東圧リキッドカーボニック株式会社を、三井化学プラックスエア株式会社に社名変更。
2001年7月 セイカカーボニックス株式会社に資本参加。
2001年9月 三菱レイヨン株式会社から炭酸事業の営業譲渡を受ける。
また、同社より子会社株式会社コステムヨシダの株式譲渡を受ける。
2001年10月 エア・ウォーター株式会社が米国プラックスエア社から株式譲渡を受け
資本参加。社名を三井化学エア・ウォーター株式会社に変更。
2005年4月 株主構成が100%エア・ウォーター株式会社となる。
2007年4月 市原工場がISO14000を取得。
2008年4月 ドライアイス販売子会社の株式会社コステムを合併し、名古屋支店、札幌支店を開設。
2009年2月 全事業所がISO9001を取得。現在の適用範囲はこちらをご覧ください。
2012年2月 市原工場がFSSC22000を取得。
2013年3月 山陽小野田工場営業運転開始。
2014年1月 山陽小野田工場がFSSC22000を取得。
2014年11月 室蘭工場営業運転開始。
2017年3月 川崎工場営業運転開始。
沿革

業績・シェア

国内炭酸ガス事業において当社およびエア・ウォーターグループは、 トップクラスのメーカーとして皆さまの暮らしに貢献しています。
特にドライアイスの工場出荷量では47%のシェアを占めており、他の追随を許さない強さを誇っています。
また、生産から販売まで一貫したネットワークが全国各地に広がっており、安定した供給体制を整えております。 売上高は安定的に推移しており、16年3月期に160億円となりました。