Support Your Sustainability あなたの”安定”・循環・継続”をサポートする

TOP >事業紹介 >炭酸ガスの用途(その他の利用)

炭酸ガスの用途その他の利用

その他の利用

その他の利用

その他にも、土木工事の際の土壌凍結、水道管工事、金属部品の低温試験などに応用され、アルコール、アセトンなどにドライアイスを混入するとすぐれた寒剤が得られます。
薬品製造時の冷却材として、また血液、医薬品の保存・輸送のほか、皮膚のシミ、イボの除去手術など、製薬や医療の現場でも利用されるほか、セレモニーの場面等で遺体保存にも使用されます。
変わった応用としては、タイヤに炭酸ガスを充填すれば、耐久度がアップします。また、豚やブロイラーの屠殺前に炭酸ガスで失神させる、いわゆるヒュメインキリング、柿の渋抜きや切花の保存、農産物の開花時期の調整など、農業の分野でも利用されています。

1.グリーンハウスでの応用

露地栽培の場合、空気中に存在する0.04%の炭酸ガスで植物の生育には充分です。
しかしハウス栽培の場合、夜間にハウス内に発生した炭酸ガスは日の出とともに活性化する光合成で急速に消費され、1時間たらずで炭酸ガスが欠乏し植物の生育に障害となってしまいます。この炭酸ガス欠乏をおこさないよう、外から炭酸ガスを補給することで果実物については結実を増やすとともに成長をよくし、収量の増大を計ります。

2.ドライアイス

食品保存や配送時の低温管理以外にも、ドライアイスは幅広く暮らしの中で役立っています。
結婚式やパーティでの舞台演出、さらに薬品やフィルムの保存・配送に有効に活用されています。